ラクトフェリンの名前の由来

ラクトフェリンのノロウイルス対策効果は超高し

ラクトフェリンの名前の由来

巷にごまんとある成分の中でラクトフェリンというのは、少々長い名称のような気がするのは筆者だけではないと思います。
このラクトフェリンのラクトは乳という意味があり、フェリンは鉄という意味があります。名前の由来からして、乳製品に含まれる意味合いを持っているのです。因みにこのラクトという言葉は、アイスクリーム売り場でも「ラクトアイス」という言葉として見かけたことがある方も多いはず。余談ですが、アイスクリームにはいくつかの種類があって、それぞれ乳固形分の割り合いによって区別されています。それにしても、ラクトという言葉を聞いて、酪農を思い出すというのはいかにも日本人的発想ですよね。一瞬、ラクトという言葉は日本語からきているのか!?と思ってしまう程です。一方のフェリンは、鉄分の元素記号Feというのを見ると納得です。
巷にあるサプリメントの中でもラクトフェリンは美味しいです。ラクトフェリンのサプリは、乳酸菌そのままの香りと味がしているのですが、筆者はラクトフェリンのサプリを飲むときはいつも、駄菓子屋さんで買っていた乳酸菌の味のタブレットを思い出すのです。しかし、あれってなんていうタブレットだったのか・・・、遠い昔の話です。

ホーム RSS購読 サイトマップ