手洗いうがいで体の外から予防するポイント

ラクトフェリンのノロウイルス対策効果は超高し

手洗いうがいで体の外から予防するポイント

確かにラクトフェリンでノロウイルスをはじめとするウイルスの感染はある程度は予防できます。ただ、やはり手洗いとうがいはとても大切です。特に、外から室内に入った際、室内にウイルスを持ち込まなという面で、幼稚園や小学校と言った集団の場所では、とても重要視されています。
手洗いにもうがいにもポイントがあります。まず、大前提として、室内に入ったら、何かをする前に、まず手洗いやうがいをするということです。どこかに触ったり、おもちゃに触った後では、遅いということです。手洗いはしっかり石鹸を付けて、30秒以上洗い、十分に流水ですすぐこと。手の広い部分だけを洗うだけでなく、爪の中やしわの間、指の間も、爪の先や手のひら全体を使って念入りに洗いましょう。大体、手首まで洗うのが理想的です。うがいはのどの奥まで十分行きわたらせてから、できるだけ長くおこないましょう。こちらも十分すすいでおきましょう。
このように、ラクトフェリンと併用して、ウイルスができるだけ身の回りに来ない努力をすることも、ウイルス感染を防ぐ重要なポイントになります。最後は、除菌ジェルや除菌スプレーといったもので手を消毒したら、もう完璧。ウイルスが入り込む隙はもうありません。

ホーム RSS購読 サイトマップ