冬のウイルスが蔓延する時期に備える

ラクトフェリンのノロウイルス対策効果は超高し

冬のウイルスが蔓延する時期に備える

ノロウイルスやインフルエンザウイルスを代表するこれらウイルスが蔓延する時期は、空気が乾燥した時期です。雨が少なく、湿度が50%以下のような空気が乾燥した環境は、ウイルスがもっとも喜ぶ環境です。
ウイルスは飛沫感染と言って、話をした際に、口から出る唾液(つば)などでも感染します。また、感染した状態の体の粘膜に触れた手や足で物に触り、それを別の人が触った場合にも感染するものです。寒い時期には、窓を閉め切った状態で一日を過ごすことが多く、なかなか喚起によってウイルスを外に出しにくいものです。だからこそ手洗いうがいで、室内に持ち込まない、物にウイルスが付くのを防ぐことが大切です。
ですが、小さい子供さんがいる家庭で、保育園、幼稚園、小学校などの集団生活をする場に行く場合は、集団での予防がなかなか難しいものです。手洗いやうがいを励行したとしても、限界があるかもしれません。そこでラクトフェリンのような、体の中からウイルスに打ち勝つ力を育むことが有効な手段と言えます。ラクトフェリンの体の中から自分で頑張る力を持っていれば、ある程度のウイルスには、確実に対抗できます。毎年ウイルスに悩まされている人は是非チェックしてみてください。

ホーム RSS購読 サイトマップ